すそわきがはミョウバン配合の石鹸で丁寧に洗っています。

すそわきがと普通のわきがに悩んでいるものです、。私は体毛が濃いので、匂いが普通の人よりもこもりがちになってしまうとおもうんです。いろいろネットで調べて、まずワキは永久脱毛しました。やはり毛をそのままにしているとよくないと思ったので、。

しかし問題はすそわきがの方だとおもっています。日本人はあまり下の毛をいじるといったことをあまりしないので、あまり剃りたいとも思わないですし、エステで脱毛というのも、、ちょっと気が引けてしまいます、。なので、毎日しっかり石鹸で洗うことを徹底しています。

当たり前のことなのですが、まず石鹸をしっかり泡立ててから隅々まで洗います。これを二回繰り返します。あまりごしごししてしまうと逆効果になってしまうらしいので、泡で洗うというのがポイントです。泡にすることで隅々まで行き渡るというのもポイントです。だいたい洗うのに5ふんはかけています。優しく洗いますが、しっかりと時間をかけます。それぐらいかかってしまいます。

ちなみに石鹸は匂い対策ができるタイプをつかっています。固形タイプのすそわきがの石鹸なのですが、ミョウバンという成分が配合されているらしいので、普通の石鹸よりも匂いを押さえる効果があるみたいなんです。ミョウバンは制汗剤などにも配合されているので、匂いには強い味方なんだとおもいます。

これで、だいぶお風呂に入る前のツンとした独特な匂いがなくなりました。本当にうれしいです。結構悩んでいたので、。やっぱり日々の積み重ねなんだとおもいます。

子どもの頃にみた友人のアソコのショックさ!

暑くなってくると、海に行く機会や水着になる機会がどんどん増えてくる季節です。
私はこの時期になるといつも思い出すことがあります。
それは中学校の頃、仲の良かった友人と一緒に行った海での出来事です。
学校ではスクール水着でしたが休日お洒落な水着に着替えて海に入ったり、砂場で遊んだりしていました。
が、その時です。
しゃがんだ友人のアソコから出てはいけない毛がワサッと見えていたのです。
それはショックな出来事でした。
いくら親しい中とはいえ、そのことを言及することもできず、見てしまったという思いを抱いて家に帰りました。
今でも楽しい思い出だったねーと海に行った事を話す時がありますが、それと同時にデリケートな思い出も蘇ってくるのです。
それほど大事な問題です。
ですから私は水着になる時は勿論、女性としてアソコの臭いが出ないようにアソコの臭い石鹸でお手入れは欠かさないようにしています。
エステに行ってお手入れもしたいと思ってはいますが、やはり恥ずかしさもあって自分で対策をしています。
小さめの下着を身に着け、どの角度からも見えない様にヘアを処理しています。
主にカミソリを使用することが多いですが、T字を使ってお風呂に入った際に処理したり、例えばトイレに入った時に綺麗な状態が続いているかな?といった具合に状態を確認しています。
見て見てという場所ではないですが、見られてもキレイな場所にしておこうと幼少の頃の記憶で私は意識しています。綺麗にしておくと臭いも出ないですし損はないですから。

重曹入りの入浴剤で体臭対策をしています

私はそう体臭がきつい方ではないと思っているのですが、それでも年齢を重ねてくると若い頃に比べて体臭が気になってきました。自分が一日着ていた洋服を嗅ぐと、季節によっては何となく臭うなと思うこともあり、体臭そのものもですが洋服の臭いにも敏感になってきました。

そこで洋服には香りつきの柔軟剤を使っています。それもいかにも人工的な香りではなく自然に近い香りの方がいいので、石鹸やグリーンの香りのようなうっすらと香ってくるようなものを使っています。

そして私自身の体臭は入浴時におすすめの加齢臭ボディソープで体を清潔に洗って、その後は重曹入りの入浴剤を入れた浴槽に浸かるようにしています。重曹というのは体臭や加齢臭の対策に効果があるそうで、体の疲れも取れて体臭対策にもなるなら一石二鳥です。

とりあえずはこうした方法で体臭の対策を行っていますが、やはり一番大切なことは体を清潔に保っておくことだと思います。体が清潔でなければいくら香水等を使っても意味はありません。

私は敏感肌なのでアルソア化粧品を愛用しています

私は子供のころから敏感肌で乾燥ぎみでいつも肌が汚かったです。思春期はニキビが大量に出て困っていました。社会人になってもお化粧ができず大変困りましたね。一応有名メーカーの化粧品を何万円もかけて一式買って使いましたが、すごい肌荒れになり、かさかさして血が出るくらい乾燥してしまったのです。

つけた瞬間顔が痛くなるくらい敏感肌なんです。とにかく香料が入っているとだめですね。肌がピリピリして痛くなります。そんな私はアルソア敏感肌化粧品を使い始めてから劇的に肌が生まれ変わりました。無添加化粧品なので本当に自然な力で肌の再生をしてくれるのです。正しい洗顔と化粧水、たったこれだけで美肌をキープできます。肌がきれいになったのはこの化粧品だけでした。

ほとんどすべての化粧品会社のものを試しましたが、アルソアだけは顔が痛くならなかったのです。もう25年くらい使っていますが、肌荒れも全然ないですし一生この化粧品にするつもりです。敏感肌の方にはおすすめですね。

初めて石けんで洗髪してみた悲惨な実体験です

http://石鹸シャンプー.net/

40代男性です。以前入浴中にシャンプーがきれていて仕方なく石けんで洗ったときの感想なんですが、当時髪の長さはかなり長めで真ん中分けの状態で洗髪しました。

手で泡立ててそれを髪にじかにつけてゴシゴシとこすってみたんですが、とにかく石けんの泡がキュッキュッとまとわりつくような感じと髪の毛全体が数本の束になったような感じで、汚れを落とすというよりは髪と頭皮自体にダメージを与えているような実感でした。

においも石けん独特のあの香りで、せっかっくのお風呂上りなのに就寝するまでいい思いはしませんでした。

脂分は無くなりましたが、これが唯一のメリットです。

また髪を乾かすときもブラシが通らずに、きしんでいる感じで何本か髪が抜けました。普段はサラッと指で通るほどの髪質でしたが、ブラシに引っ張られて痛いという表現が1番近いと思います。

それ以降は1度も石けんで洗髪することはなくなりましたし、体もボディーソープを使っております。

脂漏性皮膚炎を抑えるために実施していること

脂漏性皮膚炎

私は脂漏性皮膚炎が手に発症してしまいました。
その症状で困ることは、水仕事がかなり億劫になるということです。
少しでも水に触れて洗剤や石鹸を触ると、脂漏性皮膚炎が大きくなってしまいます。
炎症が出た後は、かゆみが強くなり、それを掻いてしまうと余計に炎症がひどくなって悪循環に繋がります。
この症状がとてもきつく、もう何をしていても気分が落ちてしまいます。
そんな脂漏性皮膚炎と2年ほど向き合ってきたのですが、最近すこし改善の兆しが見えてきました。
まずやっていることは皮膚科に通うこと。
仕事で行けないことが多かったのですが、やはり病院に行くと適切な薬をもらえます。
ただ最初行ってた病院は全然処置がされず行っても意味がなかったので、自分に合う病院を探すのが非常に大切だと感じました。
もう一つは脂漏性皮膚炎の飲み薬です。
これも最初の病院では全然合わなかったのですが、最近通い始めたところのはよく効きます。
また病院から処方されるもの以外でやっていることは、ワセリンをしっかりと塗ること。
これは本当によく効きました。

まだ若いのに抜け毛が多くて頭皮のかゆみに困っています

抜け毛が多くて困っています。
天然パーマなのですが、湿気の多い季節になると冬場よりも抜け毛の本数が格段に増えて悩んでいます。

白髪だけならば抜けてくれて大いに結構なのですが、太くて黒い毛も抜けてしまうので困りものです。
細い毛も抜けているので本当に抜け毛には悩んでいます。

シャンプー後には頭皮のかゆみも気になります。

抜け毛は頭部の血行が悪いと多くなると聞いたので、朝晩の二回は頭皮マッサージをするようにしています。
ぐりぐりと拳で、頭部全体をマッサージしています。

これで頭皮のかゆみもなく気持ちがいいです。

あとはこまめに櫛で髪の毛をとかすようにしています。
ずっと放置しているとどうしても髪の毛が絡まってしまって、たまに櫛を入れると痛い上に髪の毛が抜けてしまうのでこまめに櫛を入れています。

髪の毛が長いのですが、あまり髪の毛をゴムで縛らないようにしています。
ゴムをとるときに髪の毛が抜けたりしてしまいますし、血行を悪くしてしまいそうなので極力自然体にしています。

血行をよくするためにお風呂にもできるだけ浸かるようにしました。
まだ育毛剤には頼りたくないので頑張りたいです。

冬でもマメにアンダーヘアのお手入れをしています

やらなくて済むなら、やりたくないことのひとつに「アンダーヘアのお手入れ」があります。
けれど、私は、毛深いほうなので、アンダーヘアのムダ毛が気になり、冬でもマメにムダ毛の処理をしています。
お手入れの仕方は、Vについてはレディース用の電気のシェーバーで剃ります。
iラインを重点的にお手入れしますが、おしりの方も気になるので、同時にお手入れします。
ムダ毛の処理をしても、二週間目には腕のムダ毛が頭を出し、肌がザラザラしてくるので、ひと月に二回ほどお手入れをしています。
Vラインについては、目につきやすいところなので、気が付いた時に毛抜きで一本一本丁寧に抜いていきます。
化粧ポーチに毛抜きをしのばせておいて、気になった時には、出先でもこっそり抜いています。
最近は、顔だけでなく、体の乾燥も気になります。
乾燥した状態で、ムダ毛のお手入れをすると、さらにかさかさになってしまいます。
自己処理は肌を傷めてしまうので、エステでの脱毛を前向きに考えています。

毛穴の詰まりが原因で出来てしまった黒ずみ

2年程前に毛穴の詰まりが原因で鼻の右横に白い小さな粒状のニキビのような物が長い期間出来ていて、それがなかなか取れなかったので毎日必死で指で押しだそうとしていたらいつの間にかその部分にシミのような黒ずみが出来てしまいました。

その後その黒ずみを何とか除去したいためにスクラブ洗顔やクレイパック、酵素洗顔、ピーリングとありとあらゆる方法で頑張ってケアしてみたのですが、2年経過した今でもまだその黒ずみは残ったままです。

それが鼻の横なので、たとえ小さな黒い点でもすごく目立ちます。

私は何故か鼻の右側だけニキビが出来やすかったり、しずくのように毛穴が開いた状態になっているのです。

そのパーツだけ、肌質が違うのでしょうか?

毎日のスキンケアでは顔中まんべんなく化粧水や美容液、美容クリームをたっぷりと塗りこんであげているのですが、そこだけ毛穴の開きが目立つからすごく気になります。

それで毎晩のスキンケア時には、その部分にだけアクネケア専用の美容液を塗りこんでニキビ菌が入らないように気を付けています。

何とかして鼻の横の毛穴の開きが改善されるともっとスキンケアも楽になるのになと思いました。

 

自分の体重を意識するだけで違います

私自身もそうですが、夫の体系がぽっちゃりしている事が気になった時、夫婦で実行したダイエットがあります。
それは、お風呂に入る前に体重計に乗り、その数値をノートに記載する事です。
最初にノートに記載した日は、しばらく乗っていなかった体重計に夫婦とも乗って、その数値を見て愕然としましたが、その数字は今の自分そのままだからと二人の数字を記入しました。
そしてその日から、何となく自分達の生活の中で、ちょっと我慢する事が身についていったのです。
仕事中に喉が渇いていた時、以前はジュースを買う事もあったのですが、お茶を飲むようにしたり、買い物に行った時におやつを選ぶ時、カロリー表示を気にして、二つ買おうと思っても一つにしたり、カロリーの低い物を選ぶようにもなりました。
ご飯についても、お代わりしたいなと思ったら、お茶碗一杯まるまるお代わりするのではなく、半分にするようにしました。
そのように、生活の中でちょっと我慢するようになったら、夫婦共に体重が徐々にですが減っていったのです。
1ヶ月後には、一番最初の日より夫が2キロ、私が1.5キロ減っていたのです。
自分の体重を意識して生活を少しだけ改善するだけでも、ちょっとずつ結果に出るのが楽しいダイエットです。